CHIZU BLOG

おばぁちゃんの旅立ち

c0017311_18362310.jpg

今朝 102歳になる母方の祖母が亡くなった
3年ほど前に 自宅で骨折して それ以来 介護付きの病院で過ごしていました
骨折すると途端に弱ってしまって それまでは 詩吟を習いに歩いて行くほどだったのに 入院してすぐに痴呆が出て 母たちのことも 時々わかって 時々わからなくなってという感じでした
一週間ほど前から ちょっと・・・という感じだったのですが 祖母が 「帰ってきた」としきりに言うので 「どこから?」と問うと 「あっちの国~ 帰されちゃった」ですって・・・。
じゃぁ もうしばらく大丈夫ねぇっと言ってたのに 二日前には
「おじいちゃんがいた」とか 「○○がいた(亡くなった息子)」とか言い出して みんなが迎えに来てくれてるのかもねと話していたら 今朝 眠ったまんま 旅立っていった

お家に帰ってきた祖母を囲んで 何年振りかに会う 叔父叔母・いとこ達と 昔話をしながら
時折 誰かが 祖母の顔の上の白いハンカチを めくっては
「ばあちゃん 聞いてるやろ クスッ 自分も仲間に入りたいって 怒ってるかな クスクス」 って・・・

子供・孫・ひ孫に囲まれて 泣き笑いしながら 最後の夜を自宅で迎える

ばぁちゃん 良かったねって ちょっと うらやましいなって思う

ばぁちゃんは 痴呆が進んで自分の子供たちの名前と顔も一致しない時でも
私の父のことだけは ハッキリわかっていて いつ行っても「としおさんの病気が治りますように治りますように・・・」って言っていた

ばぁちゃんが としおさんの悪いとこ全部あの世に持って行ってくれるよって。

ばぁちゃん お母さんを生んでくれてありがとう 
[PR]
by 4wanbesufuai | 2010-10-21 18:58 | つぶやき