「ほっ」と。キャンペーン

CHIZU BLOG

■ ありがとう ビート

沢山のコメント 実家で読ませてもらっていました
ビーちゃんは本当に幸せ者だなぁ そして私も・・・ どれだけ皆さんに励まされたことか
1つ1つお礼がまだ出来ず ごめんなさい 感謝の気持ちでいっぱいです

ビートが食べなくなって1週間目の朝でした
4/4から 実家で生活するようになり 1時間半ごとにペットスエット・やぎミルク(濃度の薄い物と濃い物)・カロリーメイトの液体のものをスポイドで飲ませ 寝返りをさせ オシッコとうん〇の掃除
びまま地方 真冬に逆戻りの気温で ビートが寝ている玄関で一緒に寝起きの私はブルブル・・・
でも全然 その時は寒くなかったような気さえします
その日から毎晩 ビートを私達の元に連れてきてくれたHさん夫妻と訓練士さんが ビートの状態を見に来てくれて お世話をして下さいました 本当に心強かったです
前日の10日の夜も オシッコを出してくれて 床ずれの消毒や うん〇まで出してもらい 「口から飲めてるし オシッコの色も毛艶も呼吸も安定してるから 大丈夫」と言われたほどの状態だったビート
11日 朝5時と7時にお水を飲ませ 7時半にごぉちゃんが仕事に行く前にビートに声かけて 寝返りさせて一息ついて私はリビングでウトウトしてて
母は ビーちゃんの周りを掃除機かけたり拭き掃除したりしてて・・・・
「あれ?ビーちゃん 息してる??」
そう母が言い出したので 見に行くと・・・・してなかった
寝てるのか そうじゃないのか 本当にわかんなくて でも息してないよね?って何度も母と顔見合わせて・・・。
私が ず-と願っていたとおりの最期でした
Hさん夫妻に連絡して来てもらう間にも 母と「違うやん 寝てるだけやん」って言われたらどうする?
なんて話すぐらい ビートは気持ちよさそうにしていました
ごぉちゃんもすぐ帰って来てくれてHさん夫妻と ビーちゃんの最期を確認しました
16歳10か月 命を生ききった満点花丸の生涯でした
12日 火葬の前に触ったビートの体は硬直がなく まだ柔らかくて それは本当に健康な体だった証だよと言われました 骨は真っ白で歯も綺麗に残っていました

c0017311_1231582.jpg

朝 手摘みのツツジを沢山持って来て下さったH夫妻 ビーちゃん めっちゃ可愛いねって泣き笑い・・・
c0017311_1232364.jpg

お父さんの写真を胸に 出発しました
会えたかな きっとお父さん ニコニコで大きく手を広げて迎えてあげたことだろうな
でも母は 「お父さんも逝って ビーちゃんも逝って お母さん一人になっちゃった」と 何度もビートを撫でながら泣いていました
父が亡くなって2年3ヶ月 母にとっても ビートにとっても お互いが大切な存在になっていたんだね

また母とビーちゃんとのことは ここに書き残していきたいと思います

*私・・・・すごい悪寒と倦怠感と喉のイガイガに鼻水と体調不良で強制的に病院を予約され行ってみたら 血圧が高くて点滴も半分しか打てず それでも火葬には絶対立ち会いたくて行ったら 途中 病院の院長先生直々に電話があり 血液検査の結果 肺炎の一歩手前なのですぐ来るようにと言われ 今 点滴通いの日々です 今日はだいぶ楽なので このまま大丈夫だと思います*
[PR]
by 4wanbesufuai | 2013-04-14 12:43 | 頑張れビート君