CHIZU BLOG

四万十の夜明け ④

この道の駅には外灯もなく 白いクモの巣に囲まれてボンヤリと光る緑の公衆電話と
女子トイレ立ち入り禁止のトイレと 昼間は地元の野菜とか売ってるのかな~と思える建物があるだけ・・・
その平屋の建物も中は真っ暗 カーテンがかかっている

びぱぱもスニフニアイも既に夢の中 モコモコと温かいスニ達がくっ付いてると怖さも半減・・・
いや半減しないぃぃ 疲れているのに怖くて目がランランな私
車の中から ジィィィと見てると 光ってる
真っ暗の建物の中がポルターガイストのように時折 TVが付けっぱなしでザザァって
なってる時のような光が・・・こわ~(T0T)

あのトイレには絶対に入れない そう思うとトイレしたくなる切なさよ・・・・・
いくどかのトイレの波を気のせい気のせいと乗り越えて ウトウトした私・・・

目覚めると5時ちょい前 いつも起きてる時間だから平気
外はまだ真っ暗
トイレ行きたい・・・しかも ウン○の方 お腹痛くなってきた~
びぱぱも起きて来たので まずはスニ達をトイレさせてから びぱぱに トイレ行きたいぃ~
付いて来て~ でもやっぱり入れないほど怖さが周りに蔓延してて
「野っぱらだし ここでいいやん」 そんなぁ(T0T) 30過ぎの女よぉ 出来ないよぉ
迫ってくるトイレの波・・・う---------耐えられん・・・・・
2人して男子トイレ側の大の方へ 1つあるんだけど 当然誰もいないと思い
思いっきりドアをひくと 開かない 「?」 見ると赤いマークが出てる!!
エェェェェ 恐々トントンとしたら トントンが返ってきた!!!!!!!
外へ出て 「ねぇ ずっと誰も来てないよね こんな真っ暗の中 誰か来ると思う?いると思う??」
その大のほうのトイレは 外から見ると角にあり 腰上ほどがスリガラスになってる
中に人がいる気配ないよねぇ と見つめる事15分
上下する黒い影 誰か・・・いる?? いたよね?? それから待つこと しばし
空も白々明けて来た スッカリ私のトイレの波もあまりの怖さに消えた頃
トイレから誰か出てきた!!!
150センチ無いくらいの小柄の女?の人?? ツバが広くて スッポリ首まで隠れるほどに
深くかぶった帽子で全然わかんない
スニフニアイがワサワサしてるのにも こっちに1度も向くことなく 道の駅の建物の横の林の中に入って行った 林なんだけど・・・そして消えて行った・・・??????????
ギャァァァァァァァァァァァ(T^T)

とっとと 荷造りをして道の駅を後した私達
空が明けると なんだか元気も出てくるし 同じ山でもこんなに清々しく感じられるのね
四万十川は雄大で緑の山と朝霧で とっても綺麗でした
c0017311_13104934.jpg

c0017311_13121186.jpg

巡礼している方も 沢山いて 夫婦とチョコラブ君3人で歩いてる方もいらっしゃいました
四万十の景色を走りながら3時間 愛媛の松山の港へ
そこで 岬アジ(ハナアジ)が食べられるお店に行って 新鮮なアジと名物の じゃこ天で
お腹いっぱいして 港を出港!
c0017311_1315113.jpg


大分に着いて なんだかホッとした私達
やっぱりブラリ旅範囲って九州圏内よねぇ 計画して旅しなくっちゃねぇ

なんだか怖い山道と幽霊道の駅だけが印象に残る初めての四国だったような(^^;)
これで もうドコへでも行ける気になってる びぱぱは
「今度は香川方面に行こうよぉ 新潟とかもいいな~」

旅の教訓
・知らない土地には明るいうちに着け
・食べられる時に 食っとけ!

さぁ きっとまた ブラッと高速に乗ってしまう私達だろうな~

*長い四国旅 読んでくださって ありがとねぇ 怖い道の駅の名前は地元の人に悪いので
コソッと聞きたい人には教えてあげるわ~ (^0^)
[PR]
by 4wanbesufuai | 2006-10-16 23:47 | ワンと一緒に出掛けよう